中古×リノベとは

中古リノベの魅力

中古リノベの魅力

中古住宅+リノベーションは
こだわりライフスタイルに魅力的

1中古住宅+リノベーションとは

中古住宅+リノベーションとは
さまざまなシーンで自分好みのファッションに身を包み、その日の気分や体調、相手によって好きな場所で好きな物を食べられる現代。衣・食・住のなかで、一番高価な住まいが自由じゃないのはなぜでしょうか?
世の中に供給される新築戸建、マンションのほとんどはコストや売りやすさを求められ、ライフスタイルをその家に合わせざるを得ない状況です。家族構成やライフスタイルに合わせた住宅にしようとして、注文住宅を建築するとコストが上がってしまう。これが、今の日本の住宅事情です。
中古住宅+リノベーションとは
「新築では高すぎる。中古では間取りが古く、自分たちのライフスタイルに合わない。」
そんな矛盾を解決してくれるのが、中古住宅+リノベーションという購入方法です。新築よりも好立地を選びやすく、設計や 素材などすべてを自分流に、しかもリーズナブルに叶えることができます。海外先進諸国では既に数多く普及しており、多くの方が自分らしい住まいづくりを楽しんでいます。

2リフォームとリノベーションの違いとは

この数年で「リノベーション」という言葉が広く多用されるようになりましたが、「リフォームとの違いは何なのか?」と問われることも多くなりました。混同しやすい「リフォーム」と「リノベーション」。普段はなんとなく使い分けている2つの言葉ですが、実際にリフォームやリノベーションを行うとなると、その違いについて把握しておく必要があります。
リフォームとリノベーションの違いとは
「リフォーム」とは古くなった建物を新築の状態に戻すことを指します。賃貸住宅・アパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指し、原状回復という意味で使われることもあります。
「マイナスの状態」を「ゼロの状態」に戻すための機能の回復という意味合いで使われることが多く、例えば外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。
リフォームとリノベーションの違いとは
それに対し「リノベーション」は、古い建物のよさを活かしながら新築時以上に性能を向上させたり、住まい手の好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、中古住宅に「新たな付加価値」を生み出す手法としてよく使われます。

最近では、住宅購入の新しい手法として、中古マンションや一戸建てを購入し、大がかりな改修を行うことを総称して「リノベーション」と呼ぶことも多くなっています。例えば、住んでいる人の成長に合わせて、建物の間取りや内外装などを使いやすくなるよう変更したり、災害に備えて耐震性を高めるための工事を行ったり、給排水・電気・ガスの配管などを全面的に刷新したり、今よりもっとデザイン性の高いものに改良する、といった工事がリノベーションに該当します。

3リノベーションのメリット・デメリット

ここ数年、新築マンションの供給不足や高騰を背景に、中古住宅+リノベーションが注目されるようになりました。建築コストが高騰し、新築マンションの建築棟数は減少。古いマンションの建替えも抑制される傾向にあります。今後、リノベーションを前提とした中古物件購入やリノベーション物件の購入は、住宅取得の選択肢の一つとなるでしょう。
しかし、中古物件の購入には老朽化や耐震性の不安、住宅ローンや物件調査が大変だというマイナスイメージもあります。中古マンションのリノベーションを成功させるために、また、より良いリノベーション物件を取得するためには、そのメリットとデメリットについて理解しておくことが大切です。

リノベーションのメリット

自分たちのライフスタイルに合わせた自由設計ができる
すでに出来上がった住宅では、住まい方をその家に合わせるしかありません。しかしリノベーションなら、生活スタイルを考慮した間取り、自分好みのデザインを取り入れた住まいを造ることが出来ます。趣味の部屋、家事スペース、自然素材をふんだんに使用した壁や床、アンティークな照明器具… など、自由でオリジナルな空間を実現できます。
中古物件でも「ほぼ新築」の状態で住める
中古物件でも「ほぼ新築」の状態で住める
建物の構造体以外は全て解体し、新たに造りかえる「フルリノベーション」の場合、同じ中古物件でも新築同様の状態で住むことが出来ます。マンションのフルリノベーションではコンクリートがむき出しの状態まで解体した上で、壁の中・床下・水回り配管などを全て新しくやり替えます。築年数が経過していても、安心して暮らせるメリットがあります。
中古物件でも「ほぼ新築」の状態で住める
新築よりも低コストで魅力的な家を造れる
立地や物件にもよりますが、同じ条件で新築の住宅を購入する場合の費用と、中古住宅を購入してリノベーションする場合の費用を比較してみると、中古住宅を購入してリノベーションしたほうが、トータルコストを20%~30%ほど安く抑えられることが多いと言われています。
また「新築では物件数が少ない・価格が高い」などの理由で諦めていたエリアも、中古マンションを視野に入れた物件探しなら、物件数も増え、希望エリアに住める可能性が高くなります。

リノベーションのデメリット

住み始めるまでに時間がかかる
工事を要しない物件の場合、購入手続きを終えてから実際に住み始めるまで、さほど時間はかかりません。しかしリノベーションを実施する場合は、引き渡しまでの間に建物検査・設計・施工などの作業が加わります。ご相談から工事完成、引き渡しを迎えるまで最短でも3ヶ月はかかるのが現実です。したがって、一刻も早く物件を購入し住み始めることを望む方にとっては、適切な手法とはいえないでしょう。
建物そのものの耐久性に不安がある
中古住宅を購入する場合には、その建物の築年数に注意する必要があります。なぜなら、築年数の経過したマンションや戸建住宅の中には「耐震性が現行の建築基準法満たしていない=旧耐震」の可能性があるからです。旧耐震の物件は、現在の耐震基準を満たすため耐震改修費用がかかり、低コストで実現できる中古住宅+リノベーションのメリットを活かせなくなってしまいます。
 木造戸建て住宅の場合には、建物診断(インスペクション)を実施することで、建物の耐久性を確認できます。物件購入前に建物の状態をしっかり把握することで、中古物件でも安心して購入いただけます。
設計内容に制約がある
設計内容に制約がある
自由に設計できることがリノベーションのメリットの一つでもありますが、建物によっては設計に制約があります。例えば、室内に耐震性を担っている柱や梁・壁がある場合、これらを壊して間取りを変更することはできません。またマンションなどの集合住宅にある管理規約には、内装の仕様に制限をかけているものもあります。
こういった様々な制約があることを知った上で、安心して購入の意思決定をするために、購入前にリノベーションプランも合わせて相談する必要があるのです。
設計内容に制約がある

FULL HOUSEには“不動産”“建築”のスペシャリストが在籍しています

FULL HOUSEには“不動産”と“建築”のスペシャリストが在籍しています


長年培ってきた住宅メンテナンス業のノウハウを生かし、他不動産業者様より中古住宅購入前の建物診断のご依頼・リノベーションのご相談を受け、数多くの実績を積んで参りました。そんな我々だからこそ、確かな目で中古住宅を見定め、お客様にご提案することができます。

中古住宅+リノベーションに対する不安を払拭し、自由設計で・自分らしく・ワクワクする暮らし(住まい)を「簡単」に「安価」に「安心」して手に入れて下さい。